ぽっこりお腹なら低GI値ダイエットを始める

ぽっこりお腹が気になるという方も、多いのではないでしょうか。
お腹についた脂肪は見た目的に悪いだけでなく、メタボの要因となります。
内臓脂肪が付きすぎる事によって、動脈硬化などの病気を引き起こすケースもあるのです。
ですので、見た目はもちろん健康をキープする為にも、お腹のぽっこり具合が気になったらダイエットを始めましょう。
ただ、食事を制限する方法は長続きしない、逆にストレスとなり暴飲暴食してしまいがちです。
しっかり食べつつ痩せたい・・このような方におすすめなのが「低GI値ダイエット」です。
このダイエット法はGI値が低い食品を、意識して食べて痩せるのが特徴です。
GI値の低い食品は食後の、急激な血糖値の上昇を抑える効果があります。
血糖値が上がるとインスリンという、ホルモンが分泌されます。
インスリンは血糖値を下げるという作用の他に、脂肪の分解を抑制したり、体に脂肪をつけやすく作用も持っています。
血糖値を上げやすいGI値の高い食材ばかりを食べていると、どんどんインスリンが分泌され、太りやすい体質となってしまうのです。
逆に低GI値食材であれば、食事をしても血糖値の上昇が緩やかとなり、太り難く痩せやすい体質になります。
低GI値ダイエットは、無理な食事制限をしなくても痩せやすくなる為、ストレスの溜まり難いダイエット法と言えるでしょう。
GI値の低い食材は、精製されていないものが多くなっています。
例えば、同じお米でも白米はGI値が高い食材です。
一方、精製されていない玄米はGI値が低く、ダイエットにおすすめです。
麺類でもうどんは高めですが、パスタはそばは低めとなっています。
また、GI値が低そうに思える野菜でも、じゃがいもやニンジンは高いので、低GI値ダイエットには不向きです。

ページの先頭へ戻る